「挽き肉を炒めた油で炒飯を作ると美味しいか?」

私は以前
「挽肉炒飯」カリカリに炒めた挽肉を炒飯に!
にて挽き肉炒飯のレシピをご紹介したのですが、このレシピでは挽き肉を炒めた油を捨てていました。

しかしコメントにて、”挽き肉を炒めた油には旨味が染み出しており、その油で炒めた炒飯は美味しい”と教えて頂きました。また個別に頂いたアドバイスでは、”挽き肉を炒める際に塩を加えてやることで、挽き肉の素材の味を引き出し、また浸透圧によって旨味がさらに油に染み出す”と教えて頂きました。(実際に頂いた文章のコピペではありません)

「なるほど油に旨味が染み出すのは確かだな・・・」と思い、さっそく検証してみました。

理論的には旨味が染み出し美味しくなるにしても、感じないほどわずかな違いであれば意味がありません。
そこで挽き肉を炒めた後の油について、実際に炒飯を美味しくする影響力があるのか調べてみます。
果たして、挽き肉を炒めた油で炒飯を炒めるればより美味しさはアップするのでしょうか?

IMG_8437.jpg続きを読む

「カリカリ鶏皮炒飯」おつまみのような炒飯

今回ご紹介するレシピは鶏皮が主役です。

前回の記事にて、鶏脂を抽出するため鶏皮を炒めた結果、カリカリの鶏皮が余りました。
それを炒飯に入れてみたら美味しそうだなぁと思ったらやっぱり美味しかった、というのが本記事の内容となります。

もし、前回の記事のレシピを試した方で、鶏皮余った…なんて方など、鶏皮をたまたま持ってる方はぜひ試してみて下さい。カリカリの鶏皮はポン酢かけて七味振って食べたりするのもサイコーですが、炒飯の具としても優秀ですよ。
食感が良いアクセントになりますよ

IMG_7078.jpg続きを読む

「揚げ油で炒飯~卵白添え」使い回しの油は美味しいのか?

お店の炒飯の味が家で再現できない理由として、お店の油は使い回された油、つまり色々なエキスを含んだ油を使っているためというのを聞いたことがあります。

そもそもの油の種類の違いもあるでしょうが、それは無視しても、確かに油淋鶏のから揚げや、様々な香味野菜を揚げた油は市販の油とは違った味、香りとなるでしょう。
実際に中華料理屋で揚げ油で炒飯を作っているのかは分かりませんが(高火力だと酸化しやすいので使ってない気がしますが)、何か(香味野菜とか肉とか)のエキスを含む油の影響で、よりお店のような味わいの炒飯になる可能性はあります。

そこで今回はにんじんを炒めた油で炒飯を作ります。
果たして、仕上がりにどんな影響があるのでしょう?

IMG_5804.jpg続きを読む

「炒飯はネギから炒めた方がおいしいのか?」

長ネギを炒飯の具材とするのは一般的ですが、炒め始めるタイミングは色々です。

今回は、ネギを最初に入れ(油の臭み抜きになる)、卵、ご飯の順で炒めます。
果たして、ネギは最初にいれた方がいいのでしょうか?

IMG_5284.jpg続きを読む

鶏油で炒める炒飯はちゃんとうまいのか

前回はネギ油について検証し、炒め油としての効果は薄いと結論しました。

ですがどんな油をつかおうと仕上がりに変化はないわけではありません。
偶然ネギの香りは高温で飛んでしまうだけであり、油の種類の違いは様々な炒飯を演出します。

オリーブオイル、ココナッツオイル、ラード、牛脂などなど沢山種類のある油の中から今回は、
鶏油
について取り上げます。

中華の本格レシピや、香りづけ用に仕上げに加えるという使われ方で良く紹介されている鶏油ですが、炒飯においてはどんな活躍をするのでしょう?
鶏油の抽出方法からレシピまで、感想を交えてご紹介していきます!
IMG_5005.jpg
続きを読む