ご飯の代わりに炒飯でカレーを食べてみる

今回は、いままでで最も工夫のない記事となります。
レトルトカレーを温め、ご飯の代わりに炒飯を用意し一緒に食べます。
果たして白飯よりおいしくなるのか?

カレー 炒飯 実験 3.jpg

目次

1、炒飯をメインにしない
2、炒飯にカレーをかける
3、食べた感想

賛否はあると思いますが、とりあえず私の感想です。

1、炒飯をメインにしない

ガーリックライス、ケチャップライス、バターライス、酢飯。どれもおいしいのですが、それらをメインに食事をすることは少ないでしょう。あくまで、オムライスの中のケチャップライスであり、ステーキと一緒に食べるためのガーリックライスです。

ちょっと工夫すれば、ガーリックライスだけでも炒飯のような1品料理にはなると思いますが、一般的にはそうはいきません。
つまり何が言いたいのかというと、炒飯もメインとしての役割ではなく、補助的なおいしさを担うことが出来るのではないでしょうか?具もほとんどないですし、パラパラとした触感や、加熱による香ばしさはオンリーワンであり、また炒飯は大人気料理ですので、(人気料理)+(人気料理)=(大人気料理)となったら嬉しいですよね。

はたしてカレーと炒飯はいいコンビなのでしょうか?

2、炒飯にカレーをかける

黄金チャーハン(加熱前からあらかじめ卵とご飯と混ぜておく)で作りました。パラパラ感と卵感を前面にだしました。

——-作り方——-
材料
ご飯:0.5合
卵:1個
塩:0.8g
白コショウ:0.3g
キャノーラ油:小さじ4
レトルトカレー:1食分

手順
①卵と温かいご飯をよく混ぜておく

②鍋を強火で煙が出るまで加熱する(空焼き)

③油をいれ全体になじませる

④底に溜まった油に卵かけご飯を投入し、油となじませる

⑤ある程度生っぽさがなくなり、香ばしさがでてきたら、塩を全体にふる

⑥火から離さないように数回混ぜ、コショウを全体にふる

⑦再び火から離さないように数回混ぜる

⑧温めておいたレトルトカレーをかける

⑫完成!

カレー 炒飯 実験 1.jpg

カレー 炒飯 実験 2.jpg



3、食べた感想

・まず最初に、炒飯による部分が大きい気がする。今回はかなりテキトウに作ったが、もっとカレーに合わせることを意識すれば変わってくると思う。
・卵のしっとりやさしい感じがカレーのスパイシーな感じとアンバランスだった。
・白いご飯に慣れているせいか、カレーが複雑な味わいのせいか、炒飯はもっと単純な味でよく、お互いに主張してわちゃわちゃしている感じだった。
・もっと卵っぽさをおさえ、香ばしくパラット仕上げて、味付けは簡単に塩気は抑えてつくると良さそう。
・今回のレシピでは、それぞれ別に食べたほうが美味しい。

結論 → 単純にかければおいしいということはない。それなりにカレーに合うものを作ってみないと価値があるか判断できない。卵っぽい炒飯はカレーとあわない。

最後まで読んでいただきありがとうございます。いつかまたカレーにあう炒飯をリベンジしたいと思います。
次の記事ではネギ油を使って炒飯をつくります。以前も試して「意味はあまりない」としたのですが、あれは自分の技術不足では?と思い少し手法を変えてチャレンジします。
関連記事:プチッと鍋のキムチ味で味付けした炒飯

スポンサーリンク


にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ

ツイッターやってます。ブログの更新報告などしゃべっています。↓

インスタなんとなく始めました!もしよければフォローしてください。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。