「2017年最高の炒飯3」詳細に書いた長文レシピ

前の記事、前々の記事に引き続き、ここ1年間に私が炒飯を作ったり、調べて得た技術を結集した現時点での”最高の炒飯”のレシピをご紹介します。今回で完結です。

用意する具材などについては前々記事(→「~2017年 最高の炒飯⑴」 この1年間の最終形態)、
炊飯や煮豚づくりの仕込みについては前記事(→「~2017年 最高の炒飯⑵」 この1年間の最終形態
にて書きましたが、今回は用意し仕込んだものを炒め合わせます。

調理時間自体は5分程度で終わるはずですが、説明文は長いのでご了承ください。
理由とかどうでもいいという方は最初にレシピを書きますので、そちらを参考にされると良いと思います。
前回同様、基本的に全ての行程(レシピ)に理由を添えつつご紹介していきますが、客観的根拠のない手法を使ったりもしてます。つまりは経験則というやつなのですが、その辺は参考程度にご覧くださいね。
2017年までの、私の中の、暫定、”最強の炒飯”のレシピをご紹介します!

IMG_6345.jpg続きを読む

「2017年最高の炒飯2」詳細に書いた長文レシピ

前記事に引き続き、ここ1年間に私が炒飯を作ったり、調べて得た技術を結集した現時点での”最高の炒飯”のレシピをご紹介します。

用意するものについては前記事(→「~2017年 最高の炒飯⑴」 この1年間の最終形態)に書きましたが、今回はやっと調理が始まります。

基本的に全ての行程(レシピ)に理由を添えつつご紹介していきますが、客観的根拠のない手法を使ったりもしてます。つまりは経験則というやつなのですが、その辺は参考程度にご覧くださいね。
では、2017年までの、私の中の、暫定、”最強の炒飯”の作り方を書いていきます!続きを読む

「2017年最高の炒飯1」詳細に書いた長文レシピ

気がつけば、このブログを開設してから1年が経っていました。

ちょうどいい機会なのでこの1年私が炒飯を作ったり、調べて得た技術を結集して、現時点での”最高の炒飯”のレシピをご紹介します。

「中華鍋を使って強火で鍋をあおり…」という再現が難しいレシピではなく、割とどの家庭にもある器具と、ちょっと中華料理が好きな方なら家に常備されていそうな調味料(紹興酒やオイスターソース)だけで、”最高の炒飯”(私の中での暫定)を作ることができます。

特別なものを使うよりも、手法やタイミングにこだわります。
これからご紹介するレシピを再現するために、「わざわざ食材を買ってくるとか、加熱に長時間をかけるのが面倒…..」という方もいらっしゃるでしょう。

が、それに代わる手段を書いて行くので、もしその代わりが面倒でなければ幸いです。
これからレシピを書いていきますが、すべての行程にその”理由”や”他の選択肢”などを解説します。
美味しいレシピは、答えが1つに絞れるものではありませんが、私が今思うベストを書きつくします!!!!続きを読む

「本格餡掛け炒飯②」安いけど技術で美味しく!

今回は”全力“でシンプルな餡掛け炒飯を作ってみます!!
大胆な手法は使いませんが、今まで作った餡掛け炒飯から得た知識をもとに、細かい部分にこだわって作ります。

味は結構うまいと思いまし、そこまで手間もないと思います。中華鍋を使ったりしてますが、なくても再現出来るテクニックも多いのでオススメのレシピです!!

本格餡掛け炒飯②.jpg続きを読む

さば缶炒飯 純粋にうまい

今回ご紹介する炒飯は結構うまいと思います。

googleで「さば缶 チャーハン」で検索すると、cookpadやらでそこそこレシピがでてくるのですが、それらを見ると、「さば缶の汁を利用した…、味付けはこれだけ…、お昼ご飯に手抜き…、」などといったこと趣旨で書かれています。

いや、味、めっちゃうまいよね?と思うのです。
炒飯とさばの水煮が絶妙に調和しており、いままで作ってきた炒飯のなかでもかなり上位にランクインするおいしさです。
そんなさば缶炒飯の具体的な作り方や工夫について書いていきますよ。
IMG_3569.jpg続きを読む