「高火力なカセットコンロで店の炒飯を再現できるのか?」

こんにちは。炒飯の歯車です。

今回はお店で食べるような炒飯を、家庭で再現できるのか?ということについて考えていきます。

炒飯はご飯、卵、油、塩、といったシンプルな食材で料理されるにもかかわらず、プロが厨房で作る炒飯を素人が家庭で再現することは難しいと言われています。
その最も根本的な理由は、店と家庭とでは火力に10倍以上の差があるためです。

そこで今回は、高火力なカセットコンロで炒飯を作ってみることで、店の味に近い炒飯を作ることは出来るのか、また美味しい炒飯に本当に火力が必要なのか、考えていきます!

続きを読む

「本格餡掛け炒飯②」安いけど技術で美味しく!

今回は”全力“でシンプルな餡掛け炒飯を作ってみます!!
大胆な手法は使いませんが、今まで作った餡掛け炒飯から得た知識をもとに、細かい部分にこだわって作ります。

味は結構うまいと思いまし、そこまで手間もないと思います。中華鍋を使ったりしてますが、なくても再現出来るテクニックも多いのでオススメのレシピです!!

本格餡掛け炒飯②.jpg続きを読む

「本格餡掛け炒飯①」卵白と卵黄を別々に調理する

今回は餡掛けチャーハンのご紹介です。味付けなどは王道を意識し、食材ではなく手順による”本格”餡掛け炒飯をご紹介しようと思います。

(下記のレシピのところで中華鍋を使っていますが、家にそんなのない…などという方は「強火で煙がたってきたら・・・」と書いている部分を省略するなど、出来る範囲にアレンジしてみてください。餡を作る部分は特に中華鍋をつかう意味のあるレシピではないので)

IMG_4005.jpg続きを読む

さば缶炒飯 純粋にうまい

今回ご紹介する炒飯は結構うまいと思います。

googleで「さば缶 チャーハン」で検索すると、cookpadやらでそこそこレシピがでてくるのですが、それらを見ると、「さば缶の汁を利用した…、味付けはこれだけ…、お昼ご飯に手抜き…、」などといったこと趣旨で書かれています。

いや、味、めっちゃうまいよね?と思うのです。
炒飯とさばの水煮が絶妙に調和しており、いままで作ってきた炒飯のなかでもかなり上位にランクインするおいしさです。
そんなさば缶炒飯の具体的な作り方や工夫について書いていきますよ。
IMG_3569.jpg続きを読む

「家庭らしい 本格炒飯」意外と美味しい調味料たち

前回の記事では、実は焼き飯でもまあまあパラパラに仕上がることが分かりました。
今回は、一般的な家庭で作る本格的な炒飯のレシピをご紹介します(中華鍋とか使わない)。お店で食べるような炒飯とは少し違った味ですが、完成度はかなり高いと思います!

「低火力でもウェイパーが無くても、お家で本格炒飯を!」
多種類の調味料で、複雑で味わい深いコクの本格炒飯をご紹介。

IMG_2719.jpg続きを読む